■恋人ができたことのない美女は無数にいる

寂しさ3


こんにちは、しろです。

これまで一度も恋人ができたことのない人って実は結構いらっしゃいます。

恥ずかしがる必要はありません。

ただ、自分はモテないと口にするのはいやですし、悲しい思いや情けない思いを抱えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

しろはこれまで何人か、今まで誰ともお付き合いをしたことがないという方とお付き合いをしたことがあります。

30代半ばできれいな顔立ちをした方や、20代終盤でごくごく普通の方などでした。

最先端のファッションに身を包んでいる、モデルのような美人でも珍しくありません。

このように今までお付き合いをしたことがないという人、実はどこにでもいるのです。

だから恋人いない歴が年齢であっても、まずは安心してください。

30代でも40代でも、これまでお付き合いをしていない人が、あるときから猛烈にモテるようになることは普通にあります。

ただ、しろの経験上、こういう方々にはある特徴があります。

それは「恋人の入る精神的スペース」がないことです。

それは仕方がないことです。

一人で生活をしていたり、実家で家族と暮らしていて長年恋人がいなければ生活の中にそれを採り入れるというのは至難の業でしょう。

それで引き寄せの法則を用いてもうまくいきにくい面は否めません。

では、どうすれば良いのでしょうか。


■精神に恋人の入るスペースを作るには

睡眠2


引き寄せの法則を応用して恋人を作る方法は実は数多くあります。

たとえば、生活の中に「恋人がいる空間を作る」という方法があります。

これは一人暮らしの場合、自分だけでなく、恋人の食器だの、眠るスペースだのを作るというものです。

この方法はこれまで同棲していた恋人がいたり、離婚経験があるというような人であれば効果があるでしょう。

なぜならそこにリアリティを感じることができるからです。

でも今まで恋人ができたことがない人がそれをやるのは少々心が寂しくなるのではないでしょうか。

たとえていえば、相手がいないにも関わらず、一人で延々とおままごとをやるようなものです。

そんなことをするとむしろ寂しさが加速してしまいかねません。

それよりもしろとしては一つのおすすめの方法があります。

それは「モテる演技をすること」です。


■演技は心に余裕を作る

考える (2)


では、モテる演技とはどういうものでしょうか。

これはとても簡単です。

「わたしはとてもモテる」という過去をイメージングしてしまいます。

憧れのあの人でも、好きな芸能人でもいいのです。

とにかくすてきな人たちにあなたは過去、わんさか告白されました。

ただ、相手の気持ちが手に入ったから興味が失せた。

たとえばそんな設定でも構いません。

大切なことは「だからわたしは今、あえて一人の時間を楽しんでいる」という演技をすることです。

どのように演じるかは自由です。

ただ「モテない」のではなく、あえて「一人でいる」と自分を置き換えます。

この心構えを持って日々を送るだけで、あなたはすでにモテない人生から脱却しています。

あとは一人の時間を楽しむだけ。

これを行うと心にずいぶんと余裕ができることを実感するはずです。

逆にこの心構えができていないと、たとえばせっかくすてきな人が現れてあなたにアプローチしてくれても、あまりうまくいきません。

たとえば相手の温度差に合わせられずに無我夢中で相手に飛び込んで束縛しようとした挙げ句、手も握らないうちにフラれてしまうというパターンに陥りかねません。

また逆に不安で不安でたまらず、自分から逃げ出してしまうかもしれません。

でも、このように心に余裕があれば「ま、フラれても別にいいや」くらいの気構えでいられるため、すてきなお相手とも対等に接することができます。

今まで誰とも付き合ったことのない人は、過去を塗り替えてしまいましょう。

あなたは本当はモテるのです。

だから今を楽しんでいる。

そして引き寄せの法則がそう遠くない未来、すてきなお相手をあなたに引き寄せてくれることでしょう。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・美人であっても誰とも付き合ってことのない人はたくさんいる。
・これまで付き合ったことのない人は「恋人の入る精神的なスペース」がない
・精神的なスペースを作る方法は無数にある
・過去を塗り替えて「あえて今一人でいる」という自分を演じる