2021年 4月 の投稿一覧

【引き寄せの法則】執着心を手放すための3つの方法

与える

せっかく引き寄せの法則を試してみたのに願いが叶わなかったという人は少なくありません。恋愛の場合、願いが叶わない原因で最も多いものが「どうしてもあの人とおつき合いしたい」という執着心によるものです。

 

執着心は引き寄せの法則の邪魔をします。では、この執着心を消すにはどうしたら良いでしょうか。今回は執着心をなくす「手放し」についてお話します。

 

 

 

 

■引き寄せの法則はなぜ叶わない?

 

 

 

引き寄せの法則はシンプルです。現実で叶ったかのごとくにリアリティをもって強く願います。そして願った後は、願いを忘れて日々を楽しく過ごす。それだけでいつの間にか願望が達成するというものです。

 

しかし「言うは易(やす)し」と言いますが、言葉で言われることをそのまま実行できれば誰も苦労はしません。とくに恋愛や復縁の願いを叶えたい人にとって、相手を忘れるというのは至難の業ですよね。

 

問題はその気持ちを捨てない限り、願いが潜在意識に届かずに現状維持が続いたり、場合によっては願いに対する不安な気持ちが現実化してしまい、おかしな現象が生じてきたりしてしまう点です。

 

この気持ちを消すために求められるのが、スピリチュアルで言われるところの「クリアリング」と呼ばれる手法です。引き寄せの法則では願いへの執着心を手放すために「手放し」と言われています。

 

次は手放しの方法についてお伝えします。

 

 

■手放しのための3つの方法

 

 

 

執着心を手放す方法は古来から無数に存在しています。

 

スピリチュアルで挙げると「新月の日に願いごとを書いて、その紙を焼き捨てる」というおまじないがあります。また心理療法の中には、不意の事故で親しい人を亡くした人のためのセラピーとして「辛かった思い出を紙に書いてそれを川に流す」と言うものがあります。

 

いずれにせよ、これらの手放しは大きく3つに分かれます。

 

①信じ切る

 

一つ目は信じ切ることです。信じるではなく、徹頭徹尾信じ切ることです。

 

引き寄せの法則について語っている人の話を聞くと、引き寄せの際に願いを託す対象はさまざまなことに気づきます。「宇宙に願いを託す」と言う人もいれば「神さま(仏さま)に任せる」と言う人もいます。

 

任せる対象が潜在意識でも宇宙でもイワシの頭でも良いのですが、徹頭徹尾信じていれば願いに対して不安が生じることはありません。

 

これはたとえると喫茶店でオーダーする感覚です。喫茶店で紅茶を注文した後、あなたはいちいち「紅茶は来るのかな、だいじょうぶかな」と不安にはならないはずです。

 

同じように「神さまお願い」と、ポーンと願いを託せるのであれば願いは素直に叶うでしょう。

 

デメリットとして、これは対象が何であっても相当に深い信仰心を持っている方向けの方法である点です。

 

クリスマスには恋人と過ごし、お正月には初詣、お葬式はお坊さんを呼ぶような、いわゆる普通の日本人の方にはあまり向いていないかもしれません。

 

②忘れる

 

言葉は違えど、引き寄せの法則について述べている人のほとんどが「忘れる」ことについて述べています。この忘れる方法は無数にありますが、ここでは心理学的に裏づけのある2つについてお話します。

 

・感謝をする

 

執着心は欠乏感から来ています。満ち足りていれば執着心は起こりません。そしてこの満ち足りた気持ちに最も近いものは「博愛」と「感謝」です。

 

自分と同じように周囲の人々、または生きとし生けるものへの愛情を持ち、あらゆる物事に感謝できるような人間ほどすばらしい人はいません。またこの感謝の気持ちは、心理学的にも自分に幸福感を生み出すことが立証されています。

 

ですので、ささいなことでも良いので日常に感謝を見いだせるように心がけてみましょう。それによって満ち足りた気持ちを作ることができれば、それは次第にあなたの願いに結びついてきます。

 

なお、感謝の気持ちを作る方法としては「【潜在意識】「ある」に意識を向けるには」と「【引き寄せの法則】効果バツグン!『感謝ノート』の作り方」を参照してください。

 

・忙しくする

 

潜在意識に願いを託した後は日常生活を忙しくするのもおすすめです。目の前のことをひたすらこなしているとき、執着心は湧いてきません。

 

そのため内容は学業であれ、仕事であれ、どのようなものでも構いません。ただひたすら黙々と目の前の物事を処理してゆきましょう。またこれにはもう一つの効果があります。

 

忙しくしている間、潜在意識は願いを叶えるために意識に上らないところで着々と動いています。このため、たとえば仕事に専念した結果、その功績を認められて別の部署に配属になり、そこで思わぬ出逢いがあると言うようなことも十分にあり得ます。

 

いずれにせよ潜在意識は想定外の結果で願いを叶えるため、期待したり不安になったりするようなヒマを作らずに、ひたすら目の前のことをこなしてゆくことをおすすめします。

 

③レンズを戻す

 

恋はすてきです。しかし恋愛に夢中になっている友人のお相手を見ても「そんなにすてきな人かな?」と思うこともあるでしょう。

 

私たちは多かれ少なかれ、誰もがゆがんだレンズをかけています。たとえば初めて入ったレストランの料理を食べて「おいしい!」と感動したことがあると思います。しかし、ある日そこで出されたお皿が汚れていたらどうでしょう。味は変わらないのに、おいしかいはずの料理の味も一気に覚めてしまうはずです。

 

恋愛も同じような面があります。恋から覚めるのは執着心を失うことと同じことです。心理学では、この恋心でゆがんだレンズを人為的に元に戻すテクニックがあります。

 

とりわけ効き目があるのが「相手の悪い点、嫌いな点を紙に書く」方法です。願いと同時にこの方法を進めてみることで、恋心に飲まれることなく、願いを潜在意識に託すことが可能になります。なお、この方法は失恋時にも効果的です。詳しくは

 

 

■自分の人生を生きることで執着心は消える

 

 

 

執着心は人間が持つ普通の感情です。恋人が欲しい気持ちは恥ずかしいものではありません。

 

ただそれに囚われて夢中になってしまうのはいただけません。家族であれ、恋人であれ、彼らには彼らの世界があります。

 

それよりももっと大切なものがあります。それは自分自身です。潜在意識に願いを託したのであれば、あとはもう他人の存在にとらわれることなく、常に自分軸に意識を置いて現実世界でやるべきことをしっかりとこなしてゆけば良いのです。

 

なぜなら願いを持ったということは、それがあなたにとっての目標であるからです。潜在意識は当然、その達成に向けてあなたの目の届かないところで動き出してくれます。

 

常に自分を大切にし、またそれと同様に周囲の人々を大切にして感謝の気持ちを持つように心がけましょう。遠回りのようで実はそれこそが引き寄せの法則を叶える最短の道のりでもあるのです。

 

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。

 

 

■今回のポイント

・執着心は引き寄せの法則における最大の難点
・執着心は歪んだレンズで相手を見つめている状態
・執着心は脳内にエラーを幾度もリフレインさせる
・手放しをする方法の一つは、問題を一端脇に置くこと
・心が穏やかになったら自然な流れで願いは叶う

【運が悪い】「底つき体験」で運気は一気に舞い戻る

どんな人でも運が悪い時期、ツイてない時期はあります。恋愛でもそれは同じ。不運が続く時期という経験をしたことがある人は少なくないはずです。

 

出逢いが訪れなかったり、合わない人や良くない人とお付き合いをして後悔した期間というのは辛いものです。

 

そしてそういう時期が何年も続くと「この状況はいつ終わるの」と叫びたくなることでしょう。不遇の時期はいつ終わるのか。また終わる予兆はあるのか。これに対する答えの一つに「底つき体験」が挙げられます。

 

底つき体験とは、運気が悪くなった果ての果てにさらに人生の底が抜けたような体験をすることです。今回は不運の時期と底つき体験について説明します。

 

 

■不運の時期は転機の時期

 

 

なんだかツイてないな、悪いことが起こるなあ、と思う時期は誰にでも平等に訪れます。運の悪い時期とは言い換えれば「思い通りにならない時期」のことです。

 

たとえばサッカー選手が膝を壊したり、野球選手が肩を傷めたりすることは珍しくありません。将棋指しならスランプに陥ったり、経営者であれば大借金を負ったりするなど、思い通りに物事が進まない不遇の時期は誰にでも生じるものです。

 

これは「転機が来ているよ」という潜在意識からのメッセージです。人生には絶頂期もあれば不遇の時期があります。しかし転機を見過ごすと運気は一気に悪くなります。

 

転機を察知するために、取るべき方法は実はたった一つです。それは気づくことです。気づくというのは、悩むでも、苦しむでもありません。「今のままじゃいけない」と自分の問題点を明確にすることです。この気づきが早い人ほど運気の低迷期から早く脱出することができます。

 

一方、不遇の状態が長く続き、身動きが取れなくなったとしても潜在意識が強制的に現状を脱出させることがあります。これが「底つき体験」です。

 

■底つき体験とは

 

 

「底つき体験」は心療内科で使われる用語で、依存症や中毒者などが起こすあるパターンのことを指します。

 

私たちは知らずしらずのうちに何かに依存しがちです。それは恋愛だったり、アルコールだったり、ゲームやまんが、ワーカーホリック(仕事中毒)の人もいることでしょう。

 

この状態になるとまず最初に運が悪くなる予兆が生じます。恋愛であればデートをすっぽかされたり、スマホ中毒であれば会社から解雇されたり、仕事中毒であれば家庭でもめごとが生じたりします。

 

この状態がいわゆる「運の悪い時期」に該当します。そして運が悪いと感じる時期に、その問題を棚上げにしたまま、さらにいつまでもグズグズしていると「底つき体験」がやってきます。

 

・底つき体験は『お試し』の究極のかたち

 

底つき体験とは、現実的・精神的問わず、自分が大切に思う一切合切を失う現象のことです。

 

たとえば恋愛依存であれば浮気をされたあげく、相手にフラれるような事態が生じるかもしれません。仕事中毒ならば会社が倒産した上に家庭では離婚を突きつけられるかもしれません。

 

自分の社会的な地位、財産、恋人のようなポジション、いずれにせよ自分にとって一番大切なものを喪失し、さらにそれ以外の価値あるすべてを喪失してしまうことが底つき体験なのです。

 

これは先程述べた気づきが遅れた結果です。相手が浮気をしていたら、どこか違和感を感じたはずです。裏切りに遭った経営者でも、社員の表情がどことなく敵対的であることに気づいたはずです。

 

興隆を極めた最中にスキャンダルに遭い、一夜にして干される芸能人などは底つき体験の最たるものです。

 

私の友人に敏腕な刑事さんがいますが、私がこの話をしたときに彼はこともなげに答えました。

 

「ある人が絶好調のとき、その周りの人たちは何も言いません。言えばひどい目に遭わされますからね。黙って心の中で恨みを溜め込んでいて、そしていざというときにみんながハゲタカのように群がってその人を引きずり下ろすんですよ」

 

黙って心の中に恨みを溜め込まれるというのも恐ろしいものですが、それであっても、ふとした拍子にどこか違和感を感じるはずです。このときに気づいて自分を修正していけば、運気が悪くなっても事態は軽く済むはずです。一方、そこで気づかないでいると底つき体験に遭遇することになります。

 

底つき体験とは言い換えると、潜在意識(神仏・宇宙)からの「これから強制的にあなたの問題点に対して気づきを与えますよ」という究極のかたちです。いわば神仏からの究極のお試しが始まります。

 

■底つき体験で運気は一気に舞い戻る

 

 

底つき体験は自分の拠り所を失います。拠り所は人によって違います。職業・地位・財産・名誉・恋人・家族、いずれにせよ、その人にとってかけがえのない宝物です。

 

たとえばこれまで弁護士や医師と恋人であったことが自慢だった人は、それを失って落ち込むかもしれません。大きな会社の役員だった人は、突然肩書を失って途方に暮れるかもしれません。ただ、実はそれを失うことは恥ずかしいことではありません。それを鼻にかけてもたれかかっていたことが人目を気にすると恥ずかしく思えるだけです。

 

今までの立場に固執すればするほど悪い運気は続きます。しかし「自分が間違っていたんだ」と現状を受け入れると、そこから運気は次第に戻り始めてゆきます。なぜならたとえ一時的に拠り所をなくしたとしても、その人は潜在的にはそれを持つポテンシャルがあるためです。

 

ただしゼロベースからやり直すという覚悟が必要です。

 

■運勢は四季のように巡るもの

 

春

 

このように恐ろしい底つき体験ですが、多くの人の人生に起こることでもあります。私の知る経営者たちの中には、成功した途端、横柄に振る舞った挙げ句、無一文になった者も何人もいます。

 

底つき体験の前には必ず予兆があります。「なんだか最近、運が悪い」という中で予兆に気づいたのであれば、対処方法はあります。それは「変える」ことです。

 

たとえばスランプの時期であれば、手段や考え方を一新し、自分なりのこれまでの成功体験を思い切って手放してしまいましょう。

 

スポーツ選手で肩や膝を壊した後、競技を続けてもどん底の時期が続くだけです。しかし引退して解説者になったり、コーチになったりする人はたくさんいます。新しいやり方を自分なりに試行錯誤して挑戦してゆくことで、また新しい道のりが拓けてくる可能性があります。

 

運気には四季のようなサイクルがあります。これはNLP心理学や引き寄せの法則でも言われているものです。

 

運気と引き寄せのサイクル

①強く願い、願望を創造する時期
②願望を目標に掲げ、達成に向けて歩む時期
③夢が叶い、喜びに湧く時期
④内面の課題が表面化し、問題の予兆が出てくる時期
⑤達成した現象が消え去り、どん底に突き放される時期
⑥成功体験や執着心を手放し、転機を受け入れる時期

 

引き寄せの法則に言及するほとんどの人は、上記の①から③である「創造から成功まで」しか語っていません。しかしどんな物事でも永遠には続きません。必ず変化が訪れます。

 

今、運が悪いと思っている方は誰しも④か⑤の状況にあるはずです。ここで転機を受け入れて、前回の成功と反省点を浮き彫りにして、問題点を明確にすることが今、魂が成長のために求めていることなのです。

 

今が辛い冬の時期だと思っている方、目の前にすぐ春の萌しが訪れてきています。思い切って手放し、新しいサイクルを受け入れる。これが悪い運を断ち切り、新しい春を迎えるための方法なのです。

 

■今回のポイント

・誰にも運の悪い時期は平等に訪れる
・悪い状況には予兆がある
・予兆の時期に修正しないと強制的にすべてを失う「底つき体験」に遭う
・底つき体験からはゼロベースで這い上がる気持ちが大事
・運は四季のように巡る。今が悪くても春は目の前に来ている