インスピレーションを磨いて幸運を引き寄せるには?

■インスピレーションとは?

みなさん『インスピレーション』と言うものをご存知でしょうか。


ふと誰かのことを考えていたら、その相手から電話がかかってきた。初対面では非の打ち所のない、にこやかな良い人だけれど、何か引っかかると思っていたら詐欺師だった。また、どうしても解けない難問を抱えていたら夢で答えを教えてもらったというようなものです。


インスピレーションは五感(味覚・嗅覚・触覚・視覚・聴覚)以外に人間が持っているもう一つの感覚です。
ヨガの達人で世界中の名だたる実業家たちを指導した中村天風は、インスピレーションを『第六感』と表現しました。昔の言葉でいえば「虫の知らせ」だったり、ときには「勘」や「霊感」と呼ぶ人もいるでしょう。


インスピレーションを磨くことで、危険を察知したり、判断を明確にしたり、理屈を超えて人や物事の本質を把握したり、抱えている悩みを解決したりすることに役立ちます。そして何よりインスピレーションを磨くことは自分を知ることにも通じます。そのため、より充実した人生を送ることができるようになります。


今回はインスピレーションの磨き方についてお話します。


■インスピレーションは誰にでも備わっている


インスピレーションを磨く



インスピレーションは誰にでも備わっています。


ふと振り返ったら誰かが見ていたというのは日常的にあるはずです。視線というのは物理的な力を持っていません。でも、誰かの視線を感じることはごく普通にあります。また恋愛であれば相手からの愛情と言った気配を感じることはごく自然にあることでしょう。


インスピレーションは特別なものではありません。誰にでも備わっています。ただ、それにも強弱というものがあります。


なんとなく「この道は通らない方がいいな」と思っている人がいても、鈍感な人はそれには気づかず、交通事故に遭ったりすることもあるでしょう。逆に道路一本を隔てて運命的な出会いがあったかもしれないのに、インスピレーションが鈍いばかりにそこに赴けない人もいるかもしれません。


インスピレーションは潜在意識の力です。これは個人が培ってきたものと、遺伝子に刻まれているものの2種類があります。個人の場合、たとえばプロの将棋指しは盤面を見た瞬間に何手先にどのコマで勝負がつくかわかるそうです。


また数学の世界にはまだ証明されていないたくさんの難問がありますが、数学者たちは数式を見た瞬間、その問いがまず「正しいのか間違っているのか」が直感的に判断できると言います。


このインスピレーションは経験によるものです。数え切れないほどの将棋を指してきたり、数式を解いてきた人であれば、その経験が潜在意識にストックされているため、即座に回答を導き出しているのです。


もう一つは、遺伝子に刻まれているものです。これは生存する力と言い換えても良いでしょう。


私の知人に武道の達人がいますが、この人が腕試しを兼ねて外国で戦争に赴いたそうです。すると「この山道は歩きたくない」と思って道を変えたら、爆弾で山ごと吹き飛んだという話があります。またその人には、私とも共通の知人がいるのですが「この人はどうも良くない気がする」と私に話をしていたところ、数日内に心筋梗塞で亡くなってしまいました。


このような生きる力というものは動物の持つ直感に近い面があり、はるか昔より遺伝子に刻まれて潜在意識の奥底に眠っている力と言えます。


個人的な経験であれ、生き延びる本能であれ、このインスピレーションは恋愛にも応用できます。ダメンズ君やメンヘラさんを避けて、良い出会いを果たし、幸福な家庭を築きたいというのは、個人もご先祖さまも、はるか古代の遺伝子たちも誰もが望んでいることだからです。


では、インスピレーションを磨くにはどうしたら良いでしょうか。


■マインドフルネスが潜在意識の扉を開く


潜在意識



今世界中でブームになっている「マインドフルネス」。マインドフルネスとは古代より続く「瞑想」から思想や宗教を取り払ったものです。


このマインドフルネスは潜在意識の扉を開き、インスピレーションを輝かせます。マインドフルネスとは「今、ここ」に意識を合わせるための手法であり、やり方もとても簡単で誰でもその場でできるものです。



・マインドフルネスのやり方



これはいわゆる「数息観」と呼ばれる方法です。


1)椅子に腰をかけて背筋を伸ばします。あぐらでも正座でも構いません。

2)目を閉じるか閉じないか程度に軽く落とし、呼吸に意識を合わせます。鼻からゆっくり息を吸って鼻から吐き出します。

3)息を吸うときに「ひとー」と心の中で唱え、息を吐くときに「つー」と唱えます。

4)同じように「ふたーつ」「みーつ」と唱え、「とお(10)ーつ」まで唱え終えたら、また「一つ」に戻ります。


雑念が出て数を数えるのを忘れたり、呼吸から意識が遠のいたら、また意識を戻して数を数える作業に戻りましょう。

最初は5分程度からはじめて、慣れてきたら20~30分ほど続けてみましょう。終わったときに目を開けてあたりを見回してみてください。世界が物理的にくっきりとクリアに見えるはずです。自分が今までいかに曇った目で世界を眺めていたのかわかることでしょう。


もし仏教に抵抗がないのであれば、個人的には近所にある曹洞宗か臨済宗のお寺を尋ねてみることをおすすめします。無料のところから、500円程度で正しいやり方を指導してくれることでしょう。


マインドフルネスのやり方は他にも色々ありますが、注意点があります。


1つ目はうつ病や統合失調症の方はマインドフルネスを控えてください。潜在意識の世界は混沌としたものです。ときにありえない神の声を聞いたり、妙な感覚に襲われて間違った確信を抱いてしまうことがあります。これは人生を破滅へと導きかねません。


もう一点、占い師や前世などのスピリチュアルを押し出している人からの瞑想指導もおすすめしません。理由は後述します。


■なぜマインドフルネスがインスピレーションを磨くのか


マインドフルネスは潜在意識にアクセスし、インスピレーションを磨きます。その理由はなぜかと言うと「自己」をなくすためです。


人間に限らず、あらゆる生命は「自己」を持っていますが、自己とは言い換えると「欲」のことです。生きたい、おいしいものが食べたい、恋愛がしたい、お金を儲けたい……。程度の大小はあれ、これらはいわゆる「欲求」であり、マインドフルネスを進めてゆくほど、自分というものの本質が実は欲であることに気づかされます。


この本質を知らず、マインドフルネス(瞑想)のやり方だけを知っていると効果がないばかりか、最終的には取り返しのつかない事態にも陥りかねません。


マインドフルネスは一点に意識を集中させます。そのとき、たとえばイメージとして恋い焦がれる相手のことを考えたり、また欲求に根ざした指導を受けると欲の中に意識が埋もれていってしまいます。


そして欲に飲まれるとどうなるのか。「やめたほうがいいよ」とインスピレーションが降りているのに、どうにも恋人が欲しいばかりにダメンズ君やメンヘラさんを引き当ててしまい、散々な目に遭うかもしれません。「関わってはダメだよ」とインスピレーションが言っているにも関わらず、喉から手が出るほどお金が欲しいばかりに、詐欺話に引っかかってしまうかもしれません。


同じように自己の魂を磨いていない占い師やスピリチュアリストから指導を受けると、彼らの思想も入り混じってきて、やればやるほど何が本当で何が偽物なのかわからない世界へと入り込んでしまいかねいのです。


とは言え、みなさんは恋愛を叶えたいためにインスピレーションを磨きたいはずです。このためには合わせて「【潜在意識】迷ったときの直観の使い方」も参考にしてください。

 

■インスピレーションを磨いて幸せに生きる


インスピレーションを磨いて幸せに生きる



恋愛の望みを叶えたからこそ、恋愛への欲を捨てるというのは本末転倒に思えるかもしれません。しかし、引き寄せの法則では相手への執着心を手放さない限り願いは叶わないのです。


人にはそれぞれ世界があります。自分の世界、好きなあの人の世界、そして現実に動いているこの世界。あなたは自分の世界を持っていますが、好きなあの人の世界に踏み込むことはできません。


しかしマインドフルネスを通じて限りなく、本当の現実の世界へと限りなく近づくことができます。現実の世界とは神仏の作った世界、あるがままのこの世のことです。


本当のこの世に心を近づけると言うこと。それは恋や復縁で言い換えると「まぁ、あの人と付き合ってもいいし、付き合わなくてもいいか。世の中にはいっぱいすてきな人がいることに気づいたし」と言うことです。


このときあなたのインスピレーションは最大の力を発揮し、また引き寄せの法則が発動します。


好きなあの人のことをあれこれ考えているのは楽しい反面、苦しい時間でもあるはずです。


物事にとらわれないこと。あるがままを受け入れること。マインドフルネスを通じてそれが理解できたとき、あなたの人生は本当に望むがままの幸福を得ることができるようになるでしょう。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。

 

■今回のポイント

・インスピレーションは五感を超えた人間が持つ力
・インスピレーションはどんな人間でも持っている
・インスピレーションには個人的なものと、遺伝子に刻まれたものがある
・インスピレーションを磨くにはマインドフルネスを行うこと
・マインドフルネスは自己の根源である欲をなくすことにつながる
・マインドフルネスを行うことで人は本当の幸福へと至ることができる

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*