【引き寄せの法則】アファーメーションで確実に願いを叶える3つのステップ

アファーメーションについてご存知の方は多いと思います。ご存知でない方のためにさっくりと説明しますと、アファーメーションとは「理想や目標を自分に言い聞かせることで願望を達成する手法」のことです。


たとえば、


『わたしはとても魅力的で、たくさんの男性たちから愛されています。
 わたしはいつも自信に満ち溢れ、輝かしいオーラを放っています。
 だからわたしはとても幸せです』



このような言葉を毎日唱えると、いつの間にか願望が達成しているというものです。


アファーメーションは国内外を問わず、数え切れないほどたくさんの本が出ています。実践してみた人や過去にアファーメーションを試してみたという人も多いことでしょう。


しかし、人気のある一方で、アファーメーションをやってみたけれど効果がなかったと言う人も少なからず存在しています。その理由はアファーメーション自体に効果がないのではなく、正しいやり方をしていなかった人がほとんどです。


そこで今回は、願いを引き寄せるための正しいアファーメーションのやり方について説明します。






■正しいアファーメーションのための3ステップ

3つのステップ





アファーメーションはシンプルで作成しやすく、場所や状況を問わずに行える願望達成法です。一方で手軽に扱える分「前向きな言葉を毎日唱えればいい」という程度にアファーメーションを捉えている人も多いようです。


アファーメーションで願いを叶えるには3つのステップが必要です。


①アファーメーション

②イメージング

③アンカリング


ここで大切なのは②の「イメージング」と③の「アンカリング」です。


イメージングとは「願いが叶ったときの感動をリアリティをもって体験すること」であり、アンカリングとは「その感動を呼び出すための条件付けを作り上げること」です。


効果がないと言っているほとんどの人が①のアファーメーションだけに終始してしまっています。


アファーメーションは「唱えればいいだけ」ではありません。②のイメージングと③のアンカリングを活用できなければ、効果が得られにくくなってしまいます。


次の項目ではイメージング、アンカリング、アファーメーションの順番で学び、最後にそれらを活用して願望達成のための正しいアファーメーションをする方法について解説します。

 

■効果的なイメージングの方法とは?

イメージング





まずはイメージングについてです。


イメージング(ビジュアライゼーション)とは、願望達成を達成したところをありありとリアリティをもって思い描くことです。これは引き寄せの法則をはじめとするスピリチュアルで言うところの波動」に該当するものです。


願望が達成したところの感動(情動)を自分なりに作ることは不可能ではありません。好きなことをイメージすれば誰でもそれなりの喜びは得られるからです。ただ、感動を潜在意識に効果的に埋め込む方法もあります。


この方法は引き寄せの法則での「ビジョンボード」に該当するものです。


潜在意識は現実とイメージに区別をつけません。睡眠中に見る夢が不条理な世界なのに、現実感を伴っていることからもそれはわかるはずです。イメージングを行う際にはこの感覚を利用します。


具体的には、


①願望達成をしたときの状況を軽く思い描く

②そのときの感情や感動に似ているであろう、過去の体験を思い出す

③当時の感動だけを伴ったまま、願望達成のイメージを思い描く


これは感情とイメージをパッチワークのように結びつけることで、達成時の感動を再現するのです。


恋愛で考えてみましょう。


①まずは憧れのあの人や出逢いたい人と恋愛をしているイメージを漠然とでも思い描きます。

②過去に恋愛がうまくいったとき、告白に成功したときの喜びを思い出してみましょう。そういう経験がなければ片思いでも恋をしていたときのウキウキワクワク感を思い出してみてください。

③②の感動をそのままに、①で思い描いたすてきなお相手との恋愛を思い描きます。


快い感覚を味わえたでしょうか。これが引き寄せの法則でよく言われる「ウキウキワクワク感」に該当するものです。

引き寄せの法則の場合、この感覚は顕著に現れます。


引き寄せの法則では、イメージングに成功すると明確な確信感とともに、背筋がゾクゾクするような独特の感覚が得られます。潜在意識に刷り込まれたときにははっきりと世界が切り替わった感覚がします。演劇などをやっている人であればその感覚がわかるかもしれません。また、その感覚が訪れた後は意識に戻してしまわないよう日常に没頭するようにしましょう。


一方、アファーメーションはそのような感覚は訪れにくいものです。なぜならアファーメーションでは、言葉を繰り返すことによって少しずつ潜在意識を変えてゆくためです。


イメージングは最初のうちはなかなか難しいかもしれません。ただ、憧れのあの人と愛し合っているシーンを想像するわけですから、楽しい行為に変わりはありません。毎日一分でもこの作業をすることでやがて心にしっくりなじんでくるようになるでしょう。


注意点としては、イメージングの感動を得たときの記憶や情景に意識を呑まれないようにすることです。次に説明するイメージに結びつける作業へ到達しにくくなってしまうためです。


感動のクライマックスのほんの手前くらいでイメージに結びつけるようにしてみると良いでしょう。


次にアンカリングについて説明します。




■アンカリングとは?

 

key




アンカリングとは「条件付け」のこと
です。「パブロフの犬」という有名な実験がありますが、犬に餌をあげる前にベルを鳴らすと、そのうち犬は餌がなくてもベルを鳴らすだけでよだれが出ると言うものです。


私たち人間の日々の生活でもアンカリングは無数に存在しています。たとえば大好きな音楽を聞くと今でも元気が出たり、しんみりしたりするはずです。


お昼のチャイムが鳴るとちょっとだけ気分が良くなります。「¥10,000」の品物よりも「セール中! ¥30,000の品物が、今だけ¥9,980」の方が「あら、お安いわね」感が得られます。


このテクニックを願望達成のために利用するのがここでの方法です。


先にイメージングについて説明しました。イメージングでは願望のイメージとそれを達成したときのリアリティある感動の2つが一致することが大切です。


アンカリングは「イメージと感動」が合致した状態を呼び寄せる作業です。これは②のイメージングを行うときに同時に作業します。



具体的には、


①願望達成のイメージと過去の感動を結びつける

②そのとき、普段とは少しだけ異なる動作をする


ことです。


②の「普段とは異なる動作」とは、日常生活ではあまり行わず、簡単にできる動作です。身体の決まった部分を軽くタップするでも、あごをなでるでも、瞑想のように片手の親指と中指をくっつけてみるでも、どのようなものでもかまいません。


大事なことは同じ動作を繰り返し行うことです。


先にお話したように、過去に好きだった音楽を聞くとそのときの気分が蘇ってきます。アンカリングはこれと同じ作業を人為的に作り出すものです。ある特定の動作を行えば、その感情が蘇る。それができるようになればアンカリングは成功したと言えます。



■アファーメーションについて





いよいよアファーメーションを行います。アファーメーションはさまざまな書籍などでやり方を述べていますが、大原則として、


①否定形を使わない

②現在進行系か過去形で書く

③周囲も幸せにする



この3点がポイントとなります。簡単に理由を述べると、

①「否定形を使わない」は、潜在意識は否定形が理解できないためです。よく「ピンクの象を思い浮かべないでください」と言われますが、そう言われると人はピンクの象を想像してしまいます。潜在意識は肯定的に書かないと効果を発揮しないのです。

②「現在進行系か過去形で書く」は、自分の現状に対して潜在意識を納得させる必要があるためです。


たとえば玄関を一歩出るにしても「私は今からコンビニにお菓子を買いにいくところです」と思うのと「私はこれからエベレストに登る最初の一歩を踏み出します」と思うのとでは、同じ一歩でもその精神的な重みはまったく異なりますよね。


潜在意識は現在進行系の言葉に納得するのです。またそれ以外であれば、願望を達成した感動とイメージに加え、過去形のアファーメーションで「叶った!」と唱えるようにすることで、イメージ・言葉・感動を一致させる方法もあります。


③「周囲も幸せにする」は、潜在意識は自他の区別がつかないからです。他人を蹴落として恋人を奪おうなどと思えば、一時的に成功しても最後には自分にその結果が返ってきます。詳しくは「邪悪な心で引き寄せの法則を行わないこと」を参照にしてください。


(なお、アファーメーションの言葉の作り方については「アファーメーションは焦らず年単位の心構えで」にて詳述しています)




■3つのステップを1つにまとめてアファーメーションを成功させる





アファーメーションは「イメージ・感動・言葉」の3つが一致することで初めて効果を発揮しますが、
大切なことはこれを継続して行うことです。


気が向いたら一日に何度も唱えても問題はありません。ただし、それを義務にするのではなく、意識せずに行えるほどに身体になじませることです。


このために求められるのがアンカリングです。アファーメーションを行うとき、あらかじめ定められた動作をすれば、努力せずともすぐにイメージと感動が蘇り、そして自分の胸の内から理想とするような宣言が湧き上がってくる。


■注意! アファーメーションの効果が出にくい状態について

 




アファーメーションを行う前に注意点があります。失恋直後や復縁希望中はアファーメーションの効果が発揮しにくいです。

失恋には自分を全否定される側面があります。そして自己肯定感が極端に落ちているところで難しい恋愛を成功させようとしても、不安感や焦燥感の感情の方が強くなってしまいます。


これは100億円の借金を抱えてにも関わらず、100億円を持っている大金持ちになりたいと思うようなものです。まずは100億円の借金をなくし、それからお金を儲けるステップへと移った方が願望は達成しやすくなります。


(詳しい対策については「【絶対成功する】失恋中に引き寄せの効果を出す唯一の原則」および「大失恋!一瞬で心を軽くするには」を参照してください)


引き寄せの法則と比較したアファーメーションの利点は、柔軟に願望を変化させられることにあります。そのため、今失恋中というような方は、まずは心の中のマイナスをゼロに戻すように上手に言葉を作ってみましょう。そして疲れた心が回復してから、新しいアファーメーションを作ることをおすすめします。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。



■今回のポイント

・アファーメーションはただ唱えるだけでは効果が薄い
・イメージングとアンカリングを加えることで効果が増す
・イメージングは過去の成功体験と願望達成時のビジョンを合成する
・アンカリングはイメージングの成功時を呼び起こすための動作
・アンカリングとアファーメーションを組み合わせることで、臨場感ある願望達成が行える
・失恋時や復縁希望のときにはアファーメーションの効果が薄くなる
・まずは自己肯定感を高めるアファーメーションに専念する

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*