【潜在意識】アファーメーションは焦らず年単位の心構えで

宣言

「なりたい自分」を思い描いて声に出せば願いが叶う。世界中の人が実践しているアファーメーション。


アファーメーションを最初に世の中に広めたのは「マーフィの法則」で有名なマーフィ博士ですが、以降、さまざまな人がアファーメーションの方法について語っています。


アファーメーションは恋愛においても有効ですが、アファーメーションには引き寄せの法則とはまた異なる大原則が存在しています。この記事ではアファーメーションによる恋愛実現法についてご紹介します。

 

 

■アファーメーションの3大原則

 

ルール



アファーメーションの原則とは、

①肯定的に

②現在進行系(ex:成功しつつあります)または 過去形で(ex:成功しました)

③みんなが幸せになる内容

の3点です。

 

アファーメーションで願いを達成する方法には、これらの原則を守らなければなりません。


①の「肯定的」であるわけは、そもそも潜在意識は否定形が理解できないためです。


よく言われるたとえとして「ピンクの像を想像しないでください」と言うものです。言われるだけでついピンクの像を想像してしまいますよね。


同じように、たとえば「◯◯という病気がなくなります」というアファーメーションでは効果が出ないか、もしくは逆の効果を発揮してしまいかねません。この場合「私は常に健康です」と肯定的に文章を置き換える必要があります。


②の「現在進行系」は潜在意識が納得するリアリティを作り上げるためです。


「100億円を手にして幸せです」では現実の自分とあまりにも感覚がかけ離れてイメージや感情が湧きにくいですよね。しかし「100億円を手に入れつつあります」であれば、たとえ今手持ちのお金が1万円であったとしても、勉強をするとか、仕事をすることを通じて一歩ずつ進んではいるため、潜在意識に感情が届きやすくなります。


③の「みんなが幸せになる内容」の理由は、潜在意識は自他の区別がつかないためです。


このため、潜在意識を用いて自分の利益のために他人を蹴落としたり、他人から奪おうとすると、一瞬だけ成功したようなかたちになっても、後日、奪う行為そのものが自分に跳ね返ってきて最終的には一切合切すべてを失います。


そして、アファーメーションを意識していなくても実はこのように我が身に返ってくる人はたくさんいます。(詳しくは「邪悪な心で引き寄せの法則を行わないこと」を参照してください。)



■アファーメーションの効果は実感できる?

実感



引き寄せの法則はあるときに突然願いが叶うようなことも少なくありません。これは「強く願って潜在意識に落とし込み、後は忘れる」という方法であるためです。


一方、アファーメーションは日々願望を繰り返して少しずつ潜在意識に浸透させるものです。一般的にアファーメーションは3ヶ月くらいで効果があるなどと言われていますが、効果が出るまでの期間については一概に答えにくい面があります。


ただ、目安はあります。自分が得意としていないものを潜在意識に落とし込む日数として、ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士は「66日(約3ヶ月)」と提唱しています。つまり、アファーメーションを唱えることで少しずつでも効果が出るまでは約3ヶ月と考えておくと良いでしょう。


とは言え、アファーメーションは時期を区切らず、年単位で長くのんびり継続することをおすすめします。なぜならアファーメーションは理想を叶えるための方向づけであるためです。


たとえばある人が「わたしは夏までに3キロ体重を落とし、海辺で憧れの水着を着ます」というアファーメーションを作ったとします。


その人が毎日アファーメーションを唱えていたのであれば、たとえときどきはスイーツを食べてしまったり、運動を休んでしまったとしても、アファーメーションを唱えることを通じて「そうだ。ダイエットするんだ」と目標を再確認することができます。


しかし、たとえば3ヶ月やってみたところで「効果がない」ということでアファーメーションを辞めてしまうとどうなるでしょうか。2年や3年といった月日が経ち、体重は変わらないまま。


そうしてあるとき、ふと「もしあのとき止めたアファーメーションを続けていたら、人生は変わっていたかもしれない」と思うときが来ます。そしてまた挑戦して3ヶ月で止めてしまう。この繰り返しでは意味がないためです。


アファーメーションはあなたの理想であり、努力してゆく指針や道筋と捉えましょう。だからこそアファーメーションは毎日気軽に唱えられるように短く簡潔な内容を作成することをおすすめします。

 

■アファーメーションのコツはのんびり長く継続する

のんびり



アファーメーションは時間をかけて取り組むものです。


私の友人に大手の外資系金融企業に勤めて、常にトップの成績を出している人がいますが、彼は長くアファーメーションを実践し続けています。彼いわく「アファーメーションはすぐになにか変わるわけじゃない。でも10年経ってふと気づくと、唱えていた言葉通りの自分になっている」とのことでした。


アファーメーションは、理想を言葉にして繰り返し自分に言い聞かせることによって無意識に落とし込むものです。

アファーメーションをたとえると、筋トレやダイエットに似ています。筋トレやダイエットはわずか数週間や1ヶ月程度で「こんなに変わった」となるものではありません。


同じようにアファーメーションも日々の効果というものは目に見えないくらい微々たるものです。しかし筋トレやダイエットを継続して半年間、もしくは一年経ってみると、あるときスタイルが変わっていることが目に見えて実感できます。周囲からも「痩せたね」「きれいになったね」と言われます。


アファーメーションを扱う場合は筋トレやダイエットと同じように考えましょう。アファーメーションを唱えることですぐに目に見えて成果が出るわけではありません。もちろん毎日唱えることが理想ですが、たまの用事で一日忘れてしまったとしても問題ありません。アファーメーションで大切なことは「継続すること」です。


また1ヶ月か2ヶ月に一回は内容を見直したり、修正してゆくことも念頭に置いておきましょう。とくに目標達成した後、目標を削るだけではなく、今度は達成した目標をスタート地点に置き換えてさらなる目標を目指すようにすることがさらなる成功への架け橋となります。


逆に新しい目標を定めないと恒常性と言われる潜在意識の機能が働いてしまいます。恒常性のわかりやすい例としては、ダイエットに成功した後、リバウンドであっという間に元の体重に戻ってしまうケースなどです。しかし、痩せた後にさらなる目標を定めれば、リバウンドを抑えることはもちろん、さらにすてきな自分になることが可能です。


ともあれアファーメーションを正しいやり方で継続して行えば、あなたの願いは少しずつでも潜在意識に届きはじめ、いずれ必ず願いは叶います。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。



■今回のポイント

・アファーメーションは
 ①肯定的に 
 ②現在進行系(ex:成功しつつあります)or 過去形で(ex:大成功しました、ありがとうございます)で 
 ③みんなが幸せになる内容での3点で作る
・アファーメーションは長い歳月をかけて振り返ると「いつの間にか唱えていたかたちになっていた」となるもの。
・アファーメーションは潮流のようなもの。絶え間なく変化に気づくようではアファーメーションは潜在意識に届いていない
・毎日こつこつ続けるためにアファーメーションは簡潔で唱えやすい内容にする
・今日明日の成果ではなく、のんびり長く続けることが大事
 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*