【復縁】引き寄せの法則で特定の人との恋を成就させるには?

開放感

引き寄せの法則を使って復縁をしたいと願う人は少なくありません。今、どうすれば良いかわからないからこそ、引き寄せの法則を使いたいと思う気持ちはごく自然なものです。


では、引き寄せの法則を使うにあたって特定の人との恋を成就させる方法はあるのでしょうか。今回は引き寄せの法則による特定の相手との恋愛や復縁の方法について説明します。

■復縁時の引き寄せの法則は自己肯定感が問われる




引き寄せの法則で復縁を願う前に、まず知っておきたいことがあります。復縁を考えるというのことは、少なくとも今、あまり嬉しい状態に置かれてはいないはずです。


引き寄せの法則は潜在意識を扱う願望達成法であり、内面に「ダメなんじゃないか」というような不安感や焦燥感があると、願いはなかなか叶えにくくなります。これを自己肯定感と呼びますが、今自分の内面を探って不安感や焦燥感があると思うのであれば、まずは自己肯定感を上げることが先決です。



■『特定の人』は実は一人じゃない

実感




復縁を願うということはある特定の相手との恋を成就させたいと言うことです。とくに一度お別れしてしまったという厳しい状況を逆転させ、恋を実らせたいというのは新しい出会いを求めるよりも困難に思えるかもしれません。


でも、少し考えてみてください。「特定の人」と言いますが、それは本当に「特定の人」なのでしょうか。どんな人であれ恋心は2年間しか保たないと言います。それはなぜでしょうか。


そもそも誰かを好きになるというのは、あなたの心の中にある理想の恋人像を、ある人に投影しているからです。でも、その人はあなたの心の中にある理想の恋人像そのものではありません。ごく普通の人間です。気に入らない面ももちろんあることでしょう。


これはつまり、たとえ恋が成就したとしても、理想の恋人像と現実の恋人との間に食い違いが生じ、やがては「まあ、こんなものか」と慣れてしまうことを意味しています。


一方、現実にはたくさんの人がいます。あなたが理想としている恋人像に顔立ちが似ている人は、探せば実はごまんと存在しています。あなたが理想としている恋人像に性格が似ている人も、探せばごまんと存在します。つまり、この2つが限りなく理想像に合致している人が、あなたの「特定の人」といえるのです。


■引き寄せの法則で「特定の人」を引き寄せる



すでに説明したように、世の中にあなたの理想に顔立ちが似た人や性格が似た人はたくさんいます。そしてこの2つが限りなく合致しているほど、あなたの「特定の人」と言えるのです。


あなたが今「◯◯さんじゃないと!」と思っている人が、あなたの心の中にいる理想像の65%を叶えてくれる人だったとしましょう。でも、もしそれが70%の人や95%の人だったらどうでしょう。


「特定の人」の意味合いが変わりますよね。問題はこの「特定の人」をどう引き寄せるかです。これは紙に書き出す作業が効果的です。文字にするということは漠然としたイメージを意識の上で固める作業になるからです。まずは箇条書きで良いので理想の恋人像を紙に書き出し、機会があるごとに読み返してみましょう。


内容は好きなように書いてかまいません。

・身長180センチ 体重65キロ
・英語が得意
・趣味は海外旅行とウインドサーフィン
・年収は……


このような感じです。


別に誰かが読むわけでもなし、思った通りに書いてみましょう。
違和感があったときにはそれは書き直したり、削除したり、継ぎ足したりするのも自由です。


また自己肯定感についてお話をしましたが、失恋時や復縁希望からの引き寄せの法則にはやり方があります。これはマイナスをゼロに戻す作業です。この段階を踏まないと引き寄せの法則は失敗しやすいのです。(詳しい方法は「【絶対成功する】失恋中に引き寄せの効果を出す唯一の原則」にて説明しています)


自己肯定感を高め、引き寄せの法則を使ってきちんとイメージングをしていると、自分にとっての理想像が明確にわかります。このとき、たとえばマッチングアプリを活用してみましょう。マッチングアプリであれば、たくさんの恋人候補の顔写真やプロフィールを見ることができます。


イメージをしっかり掲げてベルトコンベアーに流れてくる品物のように相手の顔立ちやプロフィールをチェックしていけば、いずれ必ず、理想の恋人像に近い人が見つかるはずです。それはもしかしたら理想の40%かもしれませんし、80%かもしれません。


もちろん相手側にも選ぶ権利はありますから、噛み合わなければまた淡々と作業を続けてゆけば良いだけです。



■「特定の人」はAさんであり、Aさんではない




「でも、◯◯さんじゃないと嫌なの!」と思うかもしれません。それはそれで良いのです。なぜなら引き寄せの法則を正しく活用していけば、自分自身を成長させたり、磨いたりしなければいけないことにも次第に気づいてくるからです。


引き寄せの法則を行うことは、自分軸である必要があります。これはわがままという意味ではありません。意識を◯◯さんではなく、常に自分に戻し、自分の心が満たされるイメージと思考を持ち続けなければなりません。


イメージングをしっかりと行い、自分軸で人生を生き始めると、理想の自分と現在の自分の落差に気づきます。それを埋める努力を、自分で気づかないうちに自然と行いだすことが実は引き寄せの法則の真髄です。


あなたが理想の相手を得るために努力すればするほど、やがてあなた自身が「あれ、◯◯さんと復縁しなくてもいいかも」と思うようになることでしょう。


このとき、初めて引き寄せの法則は発動します。執着がなくなったその段階はあなたが成長した証だからです。もしかしたらそのとき、◯◯さんとの縁がつながるかもしれません。そうでなければ、あなたの内面の理想像により叶った「特定の人」が現れる可能性を示しているからです。


今あなたが復縁を考えて夢中になっているとしても「特定の人」は、その人であると同時に必ずしもその人とは限りません。引き寄せの法則を使った復縁の回答は、◯◯さんか、それよりももっとすてきな人となるのです。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・引き寄せの法則で復縁できる方法は存在する
・「特定の人」とは、自分の心の中にある理想像を投影できる相手のこと
・復縁時は自己肯定感を高め、マイナスをゼロに戻す作業が必要
・内面の理想像に叶う相手は、世の中にたくさんいる
・引き寄せの法則とマッチングアプリを活用する方法もある
・引き寄せの法則で復縁を願うと、今気になる相手かもっとすてきな相手かの二択になる

 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*