失恋・サイレント期間中は「自分コンシェルジュ」になる

失恋から立ち直る

■絶望の底から一歩を踏み出す!

 

失恋してしまった。もしくはお相手と音信不通のサイレント期間に突入してしまった。寝ても覚めても思うのは相手のことばかり。とてもつらい期間ですよね。


引き寄せの法則で願いを叶えるには「いつも楽しく日常を過ごそう!」という気持ちが大事です。でも失恋中では、頭でわかっていても「そんなことできないよ……」とつい相手のことを考えてしまいます。


その結果、弱い心にふと魔が射すようにタロット占いとかやってみてしまう。それで今度はついつい占いに夢中になってしまう。「今のあの人の気持ち」とか気になってたまらなくなる。とにかく希望が欲しいですものね。


でも、だいじょうぶです! 断言しますが、たとえあなたが今、絶望のどん底にいるとしてもそこから這い上がり、幸福を掴むことはできます。


今回の内容は、たとえば断崖絶壁から転げ落ち、骨も折れてしまって途方に暮れているあなたを助ける方法です。痛みと絶望の中で「誰か助けに来てくれないかな……」と泣いているあなたに対してなんとかする方法をお伝えするものです。


占いのような執着心を呼び起こして現状にしがみつくものではありません。たとえわずかであっても今自分にできて最善の状態へと進んでゆくための方法についてお伝えします。


ただし、そのためにはちゃんとステップを踏むこと。ここからは、あなたがあなた自身を救うための第一歩をお伝えします。

 

 

 

■世界で一番あなたを思っている人は?

 

誰よりも自分を思う





大失恋!一瞬で心を軽くするには」でお伝えしていますが、脳は精神的な痛みと肉体的な痛みの区別がつきません。失恋をすると胸が痛いというのは嘘ではなく、あなたにとっては物理的に痛んでいるのです。


今、失恋中であったり、復縁を願っている最中の方は本当に大けがを負っているのです。先に断崖絶壁から転げ落ちたとお話ししましたが、これはたとえ話ではないのです。


そして、あなたは崖底で身動きも取れない状態で「崖の上に戻らないと……! 幸福な恋愛をしないと……!」と思っているのです。


このとき、最初に考えれなければいけないことはなんでしょうか。それはまず傷を癒やすことです。では、どうやって傷を癒やせば良いのでしょうか。誰かがあなたを助けてくれるでしょうか。


あなたにお伺いします。今、世界で一番あなたを思っている人は誰でしょうか。お父さん? お母さん? それともあの人?


いいえ、違います。


鏡の前に立ってください。泣き腫らしてむくんで、目が真っ赤になっている人がいませんか? そこまであなたを思って悲しんでいるその人は誰でしょう。


そうです。あなた自身です。


でしたら、助けてあげなくては! 


あなたがまず思うべきなのは、助けてあげなくてはいけないのは、あなたが思うあの人ではありません。鏡の前に立ってそこまで涙を流してあなたを思っているその人。「あなた自身」なのです。

 

 

■『自分コンシェルジュ』になる!

 

 

最初に申し上げておきますが、失恋・サイレント期間になってすぐに引き寄せの法則を使うことはおすすめできません。願いが叶わないか、さもなければ不安が現実化しやすいからです。


それよりも、そこまで辛い状況に置かれた自分を癒やすことに専念しましょう。自分を癒やすために必要なものはたった一つ。それは勇気です。


まずは自分自身を「この人」と客観的に見つめてください。この人は疲労困憊(ひろうこんばい)です。理不尽な目に遭って、身も心もズタズタになり、断崖絶壁の下でしくしくと泣いています。


あなたが思うあの人のことを考えてしまう気持ちはわかりますが、ここは勇気を振り絞りましょう。辛い気持ちを乗り越えて、自分のことは一端脇に置いておくのです。そのかわり、今、同じ辛い気持ちを抱いている「この人」を最優先で救ってあげましょう。


幸いにもあなたは「この人」の気持ち、痛み、理不尽さも手に取るようにわかります。主観と客観を切り替えながらよく見つめてみてください。あなたは「この人」専属の極上のコンシェルジュ。「この人」のことならなんでも知っているはずです。


この人」をお風呂に入れてリラックスさせてあげたり、穏やかな音楽を聞かせてあげたり、アロマを焚いてあげたりしてみてください。「この人」の心が少しだけ軽くなってゆくでしょう。


「よくがんばったね」と声をかけてあげたり、おいしいものを食べさせてあげたり、ときに優しい言葉をかけながら「この人」の身体を軽くタップしてあげましょう。


これからしばらくの間、あなたの仕事は『自分コンシェルジュ』です。いつも「この人」のことを最優先にし、「この人」の幸せだけを考えることです。ほかのことは後回しです。


“自分コンシェルジュ”になるのに大変なのは最初の一歩だけです。一日に1時間でも“自分コンシェルジュ”になる時間を設けると、やがて少しずつ意識が切り替わってくるのを感じます。


あなたの心の中を席巻していたお相手の姿が薄まり、自分の意識と身体をコントロールできる自分軸に自分が戻ってくるのを感じます。


また、この“自分コンシェルジュ”を行っている間、気分が軽くなるこの波動は引き寄せの法則を発動させやすくなります。


あなたが最優先にすべきは「この人」、あなた自身なのです。


そうして時間が経ち、あなたは気づくことでしょう。「やりたくないことはやらなくていいし、考えたくないことは考えなくてもいいんだ」と。


この心の軽さとともに引き寄せの法則は始まるのです。

なお、失恋の傷みがなかなか和らがなかったり、失恋うつや孤独感に苛まれて仕事や学業が手につかなかったりするのであれば、苦しみを癒やす方法として24時間オンラインで会話ができる【新規無料カウンセリング】TALKFULLNESS(トークルネス) の利用をおすすめします。

 

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。



追記:

なお、心を癒やすコツも同時にご紹介しておきます。

セトロニンを増やす(日光・運動・睡眠・セントジョーンズワート)

(下記リンクも参照)

失恋? それ「うつ」なんじゃない?

失恋で元気が出ないときにすること

心理学を使う

① 思い出されるつらいイメージを小さく遠くに置く

② 相手の悪い点・嫌いな点を紙に箇条書きにし、ことあるごとに読み返す。

を利用すると気持ちが楽になります。



■今回のポイント

・失恋時、一番つらいのは「自分」
・失恋の痛みは物理的な大けがと同じ痛み
・大好きなあの人のことより、自分について考える
・自分コンシェルジュになり、徹底的に自分をいたわる
・自分軸に戻る感じを確かめる

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*