【潜在意識】「ある」に意識を向けるには

■「ない」に意識を向けてませんか?

 
引き寄せの法則のコツは一生懸命やらないことです。古来からひらめきを得たいときは【馬上・枕上・厠上(乗物、寝るとき、トイレ)】が良いとされています。これはリラックスしやすい場所だからです。リラックスすることで潜在意識とアクセスがしやすくなります。


引き寄せの法則も満ち足りた気持ち、良い気分、リラックスした雰囲気でいることが大切です。逆に燃え盛る護摩壇を前にしたお坊さんのような険しい顔で「彼氏を引き寄せ!」とやっても、それはなかなか叶いません。なぜならそれは研ぎ澄ました意識の上で「私は彼氏がいない」と自分に言い聞かせているに等しいからです。


強く意識して「彼氏がいない」と宇宙(潜在意識)にオーダーしたらどうなるでしょう。それでは彼氏がいない現状がいつまでも現実になって続くだけになってしまいます。


ここで問題になるのは「ない」と言う気持ちです。引き寄せの法則でほとんどの人が陥る最大のジレンマはここにあります。願いを叶えるためには「ある」という気持ちに意識を向けることです。


「そんなことを言われても彼氏はいないのだからムリ」


そう思うのが自然ですよね。そこでこの記事では「ある」に意識を向ける方法についてお伝えします。
意識を向ける




「ある」に意識を向けるにはいくつもの方法があります。たとえば「感謝ノート」や「与えること」などです。また失恋直後では1クッション置いて「マイナスをゼロに戻す方法」もあります。


今回は「ある」ことそのものへの意識の向け方とその方法についてお伝えします。


たとえば「彼氏がいない」という不足感・欠乏感が強い人がいたとしましょう。その感情が出てきたとき、まずは気づくことです。ほとんどの人はこの感情に飲まれてしまいますが、そこで「あ、私は今欠乏感に取りつかれているんだ」と気づきましょう。そして、その感情そのものを一旦脇に置いておきます。

 
 
この「考えを保留する」という行為が大切です。人はほとんどが問題を抱えると、解決するまで悩んでしまいます。そのように本能でできているためです。しかし意識して「保留する」と決断すると、潜在意識は「では、それは後で」とスパッと気分が切り替わります。
 
 
ここで「ある」に目を意識を向けましょう。この「ある」はどのようなものでも結構です。自分にとって価値のあるものから順番に声に出したり、リストアップしてみましょう。

 

パソコンがある
スマホがある
財布がある
身体がある
友人がいる

 

とくに好きなもの、大事なものから数えてみましょう。3つも探しているうちに、脳が「ある」ものを探す視点へと切り替わります。これは脳科学で言うと「認知」を切り替える作業です。「ない」という不足感から「ある」を確認する作業へと視点が切り替わったのです。

スピリチュアル的にいえば自分軸に戻ったと言えるでしょう。もちろんこのエクササイズは一朝一夕ではありません。ときどき、また不安感や不足感も出てくるかもしれません。しかし、そういうときにはその感情を「それはそうだよ。仕方がないよ」と認めてあげて、再び「ある」に目を戻しましょう。
 
 
最初は少し気持ちに意識を向ける練習がいるかもしれませんが、難しいものではありません。とくに「ある」ものは、ポジティブなものや大切なものを紙に書き出すことが効果的です。
 
 
「ない、ない」と困窮した気持ちになるのではなく、実際にあった良いことへと感謝の気持ちを切り替えていけば、一ヶ月もかからずに不足感や欠乏感のない未来が現実化してくることになるでしょう。
 

 

これは心理学的に言えば、自己肯定感が上がるからです。自分の価値を認め、さらに向上させてゆけるのですから、当然、願いに沿ったかたちで運気は次第に上がってゆきます。



■人は自分の頭の中を生きている

自分の中を生きている

 




人は誰しも、それぞれ自分の頭の中の世界で生きています。たとえば、いつものスーパーやコンビニに買い物に行くとき、歩きながら物思いにふけっていて、気づいたときには到着していたということは珍しくありません。そういうとき、私たちは現実の世界に生きていたとは言えないはずです。


「ある」に意識を向けるとは、想像の世界から自分を引き剥がし、この現実の世界に目を向けることです。この現実に「ある」ものに感謝すれば、想像の中にあるものも次第に現実化してゆくと捉えればよいでしょう。なぜなら、満たされた心で物事を認識してゆけば、さらに満たされるものだけを無意識が感知して選び取ってゆくからです。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。



■今回のポイント

・引き寄せの法則はリラックスして楽しく行う
・恋愛では「ない」に意識が向きがち
・「ある」方に意識の焦点をあてる
・自分の当たり前に持っている「ある」ものを挙げてみる
・「不安」が出たときには、それは一旦脇に置いておく

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*