5秒で体験!引き寄せの法則の心理学的な仕組み

■「引き寄せの法則」の仕組みはその場で体験できる

 


引き寄せの法則と聞くと多く方は神秘的なもの、スピリチュアル的なものと思っていることでしょう。


もちろん神秘的な作用で、奇跡のようなできごとが起こることは否定しません。しかし実は「引き寄せの法則」の基本的な仕組みは、この記事を読むだけで、誰でもその場で5秒の間に体験することができます


この記事では引き寄せの法則の基本的な仕組みについてお伝えします。






引き寄せの法則の基本的な仕組みについて実際にやってみましょう。


①まずは目を閉じて、頭の中で黄色のうちの一色を選び、思い浮かべてみてください。

②頭の中にその色を思い浮かべてから目を開けます。

③周囲を見回してみます。

 





いかがでしょう。赤なら赤、黄色なら黄色といった自分が思い浮かべた色合いのものが目に飛び込んでくるはずです。これは「カラーバス効果」と心理学では言われているものです。


人には自分が意識を向けたものを選び取る力が備わっています


たとえば自転車に乗っているとき、目線を電柱に向けると自転車は勝手に電柱の方へと向かっていってしまいます。これは自分でも気づかないうちに意識が電柱に向かっているためです。


実際、アメリカでは何もない荒野の中、地平線まで一直線に伸びる道路があります。その途中、道路の傍らに一つだけ標識があるのですが、そこに追突する事故が跡を絶たないそうです。もうおわかりだと思いますが、何もない中でその標識だけがあれば、多くのドライバーが知らずしらずのうちに標識に向かってハンドルを切ってしまっているのです。


意識を向けると、潜在意識はそこに向かって動き出すのです。



■引き寄せの法則は潜在意識の力が選び取るもの




引き寄せの法則は、気持ち(意識)を向けたものを潜在意識が選び取る力を応用したものです。


潜在意識のことを「神仏」や「宇宙」、なんと呼んでも構いませんが、それらを通じて自分が変わっていくという願望実現法なのです。


つまり引き寄せの法則を扱うには恋愛でも復縁でも『明確な目標・ビジョンをイメージする』ことがとても重要なのです。


昔から受験勉強の合間に、実際に目標にする大学に行ってみたり、また目標の大学に受かってキャンパスライフを送っている自分の姿をイメージすることが大事と言いますよね。これは引き寄せの法則の一種です。


叶えたい願望について、それがまるで現実であるかのようにありありとリアリティのあるイメージングができれば、カラーバス効果と同様に、潜在意識がそれに関係するものを選び取ってゆくことができるためです。


そして一回イメージングしたら後はもうそのことから離れて良い気分でいることです。


なぜならあまり考えすぎると今度は想像することそのものが目的になってしまったり、また不安や緊張を呼び起こすからです。先の実験でたとえれば「私には赤い色を選び取る力なんてないよ」と思ってしまえば、赤い色は目に飛び込んできません。


同じように恋愛でも「だいじょうぶかな」「無理なんじゃないかな」なんて思いながら引き寄せの法則をやったところで、やっぱりすてきな恋人を見つけることはできません。


もっと気楽にすなおに「こうしたい」という意思をもって決断し、あとは手放す。
これが引き寄せの法則の王道的な原則です。


ただ、それでも恋愛には不安がつきものです。復縁となればなおさらという人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そこで次は不安が出てきたときの対処法についてお伝えします。



■不安を忘れることで夢が叶う

不安を忘れる




不安が強い人の場合、願望そのものを一時的に忘れてしまうのも一つの手です。「今忙しいから、それは後で」と願望を手放せれば不安は消えてなくなり、あとは潜在意識が自動的に目標へとあなたを導いてくれるからです。


引き寄せの法則はよく「忘れた頃にいつの間にか叶っている」と言われますが、その理由はここにあります。


そして忘れるためには「不安な気持ちを紙に書く」ことがおすすめです。


USBメモリやフロッピーディスクは外部記憶装置と言いますが、紙に書いたものも同じように外部記憶となります。不安な気持ちがある場合、潜在意識はそれをまだ終わっていない問題として脳に記憶させ続けますが、紙に書くという外部記憶を行うと潜在意識は「記録が残っているから記憶する必要がなくなった」と判断して忘れてくれます。


ネガティブな感情を紙に書く手法はアメリカの心理学教授、J・W・ペネベーガーが考案した「エクスプレッシブ・ライティング」と呼ばれる心理療法であり、イライラ・憂うつ・悲しみといったネガティブな感情全般に効果があるとして、現在でも多くの精神科医が勧めています。
(失恋などで欠乏感が強い場合には「不足感を埋めるには」も併せて参照してください)


しっかりとしたイメージを持ち、不安な気持ちが出てきたのであれば赤裸々にそれを紙に書く。それは読み返す必要もないですし、破り捨てても構いません。不安感をなくして、後は活き活きと日々を過ごしてゆけば、潜在意識はあなたの願いを叶えるために自動的に動いていってくれることでしょう。


良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。

■今回のポイント

・引き寄せの法則は意識化した事柄を潜在意識に落とし込むもの
・人は選択したものを無意識に選び取る力がある
・不安がある場合には忘れてしまうのも願いを叶える一つの手段
・忘れるための最も簡単な方法は「紙に書く」
・目標のイメージングをしたら、後は普段から良い気分でいることが大事

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*