引き寄せの法則で願望を達成しようとしたとき、途中で妙な事象が起きることがあります。


せっかく願望達成に取り組んでいるのに、以前の自分に戻すような出来事が生じたり、トラブルによって状況が滞ったりと言ったような出来事です。この出来事のせいで引き寄せの法則を止めてしまったり、挫折してしまう人も少なくありません。 


これは『引き戻し』や『揺り戻し』といわれる現象です。今回はこの引き戻し・揺り戻しの原理と対策についてお話しします。



■引き戻し・揺り戻しは日々起きている

考える (2)


まずは引き戻し・揺り戻しの基本的な面について説明しましょう。

たとえばダイエット。

ダイエット中に猛烈に「甘いものを食べたい」欲求に駆られることがあります。

でも、普段から甘いものを食べない人なんかは世の中にごまんといます。

それなのに自分だけ食べたくなる。

これはつまり、自分の身体(潜在意識)が言っているんですね。

「ねえ、甘いもの食べようよ。別にいいじゃん、太ったって。なんにも問題なくない? だって今まで通りになるってことでしょ」

悪魔のささやきですね。

このささやきは身体(潜在意識)にある恒常性(ホメオパシー)と言われるものが起こしています。

潜在意識はいつもこれまで通りを維持しようとしてきます。

また「これまで通りの体重、これまで通りの生活」という、ある意味、居心地の良い場所をコンフォートゾーンと言います。自分の居場所、無敵の場所です。

仕事や勉強をしようと思っていたのに、ついネットサーフィンなんていうのは誰にでもあることです。

でも、外資系金融や官公庁の超エリートがそんなことしてる暇はないですよね。しようとも思わないでしょう。

でも、だいたいの人はしてしまう。それが心地良いから。

これも恒常性の一つです。

このように引き戻しや揺り戻しの法則は至るところに存在しています。

■不思議な力が働くことも

カラフル


内面のささやきについてはお話しました。

しかし、これに留まらない事柄も起きます。

身体がいくら「甘いもの食べよう」って言っても「わたしは食べないよ! だって、美人になって絶対にすてきな恋人をゲットするんだから!」と乗り切ったとしましょう。

そしてたとえばあなたが高校生だとして、明日は塾の日だったとします。いつも通り、予習して塾で講習を受けて、家に戻って復習すればいいだけ。

そういうときにいきなり「今日は改装工事のため、塾は休講になります」と連絡が来たりするんです。

そうして友だちがウキウキで「やったね! 甘いもの食べに行こうよ!」と来るのです。

これが引き戻しや揺り戻しの本当に恐ろしいところです。

あなたの願望は伝播します。


甘いものが食べたいという波動が塾の人や友だちにビリヤードのように伝播し、想像もしていないようなかたちであなたに返ってきてるんですね。

そうして思わず魔が差してしまい、いつもの食べ歩きコースへ。

嬉しくはないかもしれませんが、これも引き寄せの法則の一つのかたちではあります。

■悪魔のささやきの乗り越え方

不安な女性


この引き戻し現象を乗り越える方法があります。

それは「違和感」です。

「やったね、塾、お休みなんだ。甘いもの食べにいこうよ」って言われると、つい欲望がムクムクと頭をもたげてきてしまいますよね。

でも、そのとき心の中をよく探ってみてください。

心の中に違和感がありませんか?

「え? う~ん、どうしよう……」って感情です。

もし違和感がなかったら、それはあなたの本当の願望ではありません。

だって、昨日のあなたも、一昨日のあなたも、もしかしたら1ヶ月2ヶ月前のあなたも、泣きたいような思いをしながら必死でダイエットしてきたんですよね。

それは「わたしは食べない! 美人になってすてきな恋人をゲットするんだ!」という圧倒的な願望があるためです。

この目標から外れる行動には当然違和感があるのです。

願望が強ければ、それは罪悪感に近くなってきます。

そのときぜひ思い出してください。

あ! これが引き戻しなんだ!!!」って。

引き戻しの力というものがいかに自然にあなたの心に忍び込んできているか気づいてがく然とするでしょう。

このとき「ごめんね、今月テストの結果が悪いから勉強しないと」って言えたら、あなたは成長したのです。

一皮むけて美人になりつつあるのです。

これがコンフォートゾーン、今まで居心地が良くてぬくぬくしていられた場所から出ようとしているあなたの成長の証なのです。

「こんなんじゃダメ!」って自分を変えようとしている尊い姿。

あなたは蝶へと変わりたい。

青虫から蝶へ変わる期間であれば、まだ蝶にはなれていないかもしれない。

でも、引き戻しを跳ね除けたそのとき、それは、さなぎがもぞもぞ動いて成長している瞬間なのです。


成長したんだ! ってぜひ喜んでください。(お祝いに甘いものを食べないように)

でも、思わずそのときに「うん、いこう!」ってやってしまって後悔したとしても、明日からまたがんばればいいんです。

あなたががんばろうとしている最中、また引き戻しは忍びよってくるでしょう。

でも、一回それを乗り切れば、それは一歩理想の目標に近づいているのです。

その分、引き戻しの力は弱くなります。

■引き戻し・揺り戻しに気づいたときにやってはいけないこと

占い師


「これが引き戻しなんだ」って気づいたとき、あなたは欲望と願望の間で迷っています。

このとき、やってはいけないことを言いますね。

占いをはじめとした、潜在意識に問う行為です。

100発100中で「甘いもの食べて楽しんできてね!」と出ます。

だってそれが潜在意識の仕事なのですから。

あなたが今、15歳でも25歳でも50歳でも、これまであなたが長くいた居心地の良い場所というものは、突き詰めていえば、どんな状況でもこれまであなたが生き延びてこられた場所なのです。

潜在意識はあなたを生かそうとします。

あなたの命を最優先し、あなたを守ろうとします。

悪気はないんですよ。

どんな手段を用いてでもあなたを生かそうとする力こそが恒常性(ホメオパシー)であり、あなたが最も生き延びやすい場所こそが(コンフォートゾーン)なのです。

潜在意識的には太っていたあなたの期間が長ければ、そこが生存に適している場所なのですから、占いで「どうしよう」なんて問いかければ、潜在意識は大喜びで「さあ、食べに行こう!」と返してきます。

そのときに掲げるものは、誰よりもストイックなあなた。

理想の自分になるために、がんばってきた昨日のあなた。一昨日のあなた。1ヶ月前のあなたです。

彼らはあなたを必死で応援していますよ。

だから迷ったときは、思いっきりきっぱりと潜在意識に「ノー!」を突きつけましょう。

潜在意識もびっくりして「そうか!」とあなたの思いを受け入れてくれます。

■まとめ

天国3


このようにあなたが目標を持って、これまでとは違う人生のステージに向かおうとすると、引き戻し・揺り戻しは日常的に、それも甘い姿でやってきます。

常に理想の自分を掲げ、そこに向かってワクワクする願望を持ち続けてください。

あなたなら必ず乗り越えられ、そして遠からずある日、自分が、しばらく前に漠然と思い描いていた理想の自分になっていることに気づくことでしょう。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。

■今回のポイント

・引き戻しや揺り戻しは日常的に起きている
・引き戻しや揺り戻しは潜在意識の恒常性(ホメオパシー)によるもの
・引き戻しや揺り戻しは、これまで通りの居心地良い生活(コンフォートゾーン)へあなたを戻そうとする
・恒常性は伝播し、親しい人間や出来事を通じてあなたをさりげなく誘惑してくる
・引き戻しや揺り戻しに気づくには目標から外れた「違和感」に気づくこと
・引き戻しに気づき、それを跳ね除けられたら、それは理想の自分へと近づきつつある成長の証拠