■失恋の感情は悪循環を作り出す

寂しさ3


こんにちは、しろです。

失恋、つらいですよね。

しろも「もう死んでしまおう」と思ったくらいになったことが何度もあります。

この憂うつな気分は、数ヶ月、長ければ何年も引きずってしまいかねません。

とくに一人ぼっちでいるときなど、とても重苦しい気分になります。

でも、次の恋人を最高の相手にするために、引き寄せの法則的には「常に良い気分でいる」ことが求められます。

でも、失恋して気分が悪い、気分が悪いので悪い現象が繰り返される。

「どうすればいいの!?」って思っちゃいますよね。

こういうときにはいろいろな方法がありますが、しろのおすすめはイメージングです。


■17秒のイメージングが現実を変える

睡眠2



エイブラハムという引き寄せの根っこみたいなものの一つに「17秒の法則」というものがあります。

人が17秒間物事を考えるとそれが現実化し始めるというものです。

失恋した後などは嫌な思い出がぐるぐるとずっと頭を駆け巡ってしまうことでしょう。

少なくともしろはそうです。

でも、意識して一日のうちにまず17秒間だけ、自分が望む未来をイメージングすることくらいはできるはずです。

相手はあなたの理想の人。あなたを振ったような見る目のない人ではありません。

本当の理想の相手を思い描き、理想の住まいで理想の生活を送ったり、理想的なデートをしている姿を思い描きましょう。

時間は17秒以上であれば、好きなだけ思いに浸ってかまいません。

17秒は思考が現実化し始めるための時間であり、そのエネルギーをもっと溜めてしまえば良いだけです。

そして17秒、好きなことを考えれば、その前よりもずっと気分は良くなっているはずです。

なるべく毎日同じようなイメージングを繰り返しましょう。

いやな気分に浸っているなと思ったときには17秒だけ、そこから脱却しましょう。

それを繰り返していけば次第に気分は良くなり、あなたの願いもかなっていることになるはずです。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・失恋時はいやな思いが頭をめぐりやすい
・いやな思いはいやな出来事を引き寄せる悪循環になる
・思考を17秒続けると現実化し始める
・理想の相手との理想の恋を17秒以上思い描くことで気分も現実も良くなってゆく