■今運気が悪い原因は?

寂しさ3


こんにちは、しろです。

今、運気が落ちていると思っている方はいるでしょうか。

みなさんもご自身の半生を振り返ってみればすぐわかると思いますが、運というのは波のようなものです。

上がったり下がったり、良いとき悪いときを繰り返します。

恋愛においてはたとえば大失恋をしたり、新しいお相手となかなか会えなかったり、失恋を繰り返している状態などは運気が悪いとき、停滞しているときといえるでしょう。

とくに復縁を考えているものの、サイレント期間に入っているような状態では身動きが取れず、にっちもさっちもいきません。

そしてこういうとき、人は引き寄せの法則を使おうと思うものです。

今、運気が低迷しているな、停滞しているなと考えている方やサイレント期間に入っている方に、運気を回復して引き寄せの法則の効果を増すためにやっていただきたいことがあります。

それは人間関係の見直しです。

人間関係は運気の源の一つです。

運気が停滞している場合、人間関係を変えることで停滞を打ち破ることにもつながります。


■運気を落とす人間関係とは

サイレント期間


あなたの現在の人間関係を思い返してみてください。

あなたの運気を吸い取っていたり、足を引っ張っていたりする人がいるのではないでしょうか。

たとえばそれは大して好きでもないけれど、だらだらと付き合いを続けている相手だったりもします。

では、具体的にあなたの運気を落とす人とはどのようなものでしょうか。



あなたの運気を落とす、関わってはいけない人


1 批評・批判が多い人

批評や批判が多い人というのは「だからあなたはダメなんだ」などと、平然と人を非難してきたり、上から目線で命じてきたりする人です。

こういう人の言葉を真に受けると、自分の価値が大きく下がります。

そしてまた自分の潜在意識に「自分はダメなんだ」というセルフイメージを植え付けられてしまいます。

こうなると相手の奴隷のようになってしまう上、恋愛においてせっかくチャンスが巡ってきてもなかなか一歩を踏み出すことができなくなってしまうのです。


2 自分は悪くないを繰り返す人

これはサイコパスなどに多いタイプです。

何か問題を起こしても、自分ではなく、あなたが悪いなどと平然と責任転嫁をしてきます。

このタイプは自分の欲望にのみ忠実で、その目的の達成のためならあなたを平然と利用してきます。

つまり、あなたの労力や気持ちなどを自分のために平気で搾取してくるのです。

結果、この手のタイプと関わるとあなたは次第に疲れてきてやがて身動きも取れなくなってしまうでしょう。


3 口ばかりの人

やるやる言っておいてさっぱり着手しない人間や、一度言った前言を平気でひっくり返すタイプです。

また、あれやってこれやってというような依存体質の人間もいます。

この手の人間にはなるべく甘い顔をしないことです。

かわいい性格で依存体質の人はたくさんいますが、それに関わるとあなたはひたすら振り回されます。

あなたが世話焼きタイプであれば多少は楽しめるかもしれませんが、この手のタイプは一度甘やかすとどこまでもつけあがってきます。

もし関わるのであれば自分できっちりと線引きをするか、相手が自立するように突き放すかどちらかの態度が求められます。


4 閉じた人間関係を続けている人

これはたとえば「東京タラレバ娘」のような人たちです。

引き寄せの法則でも明確に言われていますが、類は友を呼びます。

モテる女性はモテる女性同士で仲良くなりますし、モテない女性はモテない女性同士で仲良くなるものです。

結果、モテない女性同士のモテない女子会みたいなものを繰り返しがち。

そうなるとやがては「男なんて関わらないでいいや」みたいな話になってきてしまうのではないでしょうか。

これは自分で自分の成長を否定しています。

恋愛というものはなにも楽しいばかりではありません。

傷ついてナンボみたいな面もたくさんあります。

そこに向かって真正面から相対する勇気というものは、男女に関係なく、必ず求められます。

そこで失敗して傷ついて、考えて、立ち上がって成長する。

しかし閉じた人間関係ではその殻を打ち破ることができません。

モテない女子会などに顔を出しているのであれば、その付き合いは考え直してみることも大切です。


5 運気が悪い人

これも類は友を呼ぶ面がありますが、運気が悪いときには運気が悪い者同士で集ってきます。

優しい態度であっても妙に暗い気配を漂わせていたり、絶望感や悲しみに打ちひしがれていたりするような人と関わると、自分の運気のみならず、相手の悪い運気もかぶってしまいかねません。

もちろん寂しいときというのは誰にでもありますが、ラインや電話程度に留めておくのが無難です。


6 第一印象で目や雰囲気に違和感がある人

これ、一番大事です。

第一印象で目や雰囲気にうっすらとでも「?」と違和感を感じたのであれば、その人がどれほど魅力的でも近寄らないことです。

第一印象というのは直観です。

そして潜在意識による直観の精度というものは、自分の意識よりも圧倒的に正しいことが多いのです。

たとえば目の奥が山奥の不気味な淵(ふち)のように真っ暗だったり、目にうっすらとミラーを貼っているような感じだったりする人がいます。

そういう人は得てして妙な魅力があるものです。

しかし、何かがおかしい人は、どれほど魅力的でもやっぱり内面が壊れているものです。

具体的にはその手のタイプには、ダメンズくんやメンヘラさん、DV気質だったり、サイコパスだったりするパターンが圧倒的です。

これらと関わると人生だったり、お金だったりを根こそぎ吸われるリスクがあります。

人によってはめちゃくちゃに心や身体を傷つけられるかもしれません。

そしてそこから再起するには何年もの時間を要します。

あなたが今関わっていないにしても、運気が低迷しているときというのは得てしてそういうおかしな人間などがひょっこりと現れるものです。

第一印象や気配になにか違和感を感じたり、いやな予感がするのであれば、どんなに魅力的な提案をされても必ず回避するように心がけましょう。


■悪い人間関係よりは一人でいる方が良い

笑顔


いかがでしたでしょうか。

運気が切り替わるとき、人は孤独になることが多いものです。

これは波動が変わり始め、今までの人間関係が終わりを告げ始めているためです。

もちろん寂しいという気持ちはあるかもしれません。

しかしあなたの運気を低迷させている人たちと関わるよりは、一人でいても自分のことをしっかりとやっている方が成長につながります。

それに今孤独でも心配する必要はありません。

人間関係を刷新するということは、断捨離のようなものです。

何かを捨てればそこにスペースができるのですから、新しいものがじきにやってきます。
しろにも経験があります。

それは成長したあなたにぴったりのすてきなお相手であり、また共に成長しあえるすばらしい友人だったりするでしょう。

思い切って悪い人間関係を手放す。

今、運気が低迷しているという方はぜひ試してみてください。


■今回のポイント

・運気が悪いときは誰にでもある
・にっちもさっちもいかないときは人間関係を刷新する
・6つの人間関係を見直し、運気を吸い取る人間から離れる
・孤独は成長の過程で訪れるもの。じきに成長した自分に見合った仲間や恋人が現れる。