■人間の処理能力の限界を知る

カラフル


こんにちは、しろです。

引き寄せの法則の基本的な原理」でも述べましたが、引き寄せの法則は無意識を利用することで願望を達成する技術です。


人間の脳の処理能力には限界があります。

たとえば図書館にはたくさんの本が背表紙を並べています。

脳はこれら全部を一瞬で把握するわけではありません。

自分が好きな本だけを読み取り、興味のないタイトルは飛ばします。

電車の中にある広告や雑誌の見出しも同じです。

その人が興味のある内容だけを読み取り、興味のないものは飛ばします。

つまり、人は自分の内面に合ったものだけを無意識に選び取るのです。


■人生は絶え間ない選択と決断の連続

アセンション


潜在意識は絶え間なく選択と決断を下しています。

椅子に座るか立ち上がるか、この文章を読むか、読まないか。

すべて潜在意識が選んでいるのです。

同様に不安な気分であれば、不安であるようなものだけを潜在意識は読み取り、それに合ったものだけにピントを合わせます。

結果、ますます不安になる現象が起こるのです。

幸せな気分であれば潜在意識は幸せになれそうなものだけを現実から切り取り、あなたにますます幸せになる道筋を与えるのです。

自分が無意識にどのような感情でいるのか、何に意識の焦点を当てているのかチェックするように心がけましょう。

なるべく前向きに、楽しく日々を過ごすことを心がけるだけで良い出会いに恵まれます。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・人は自分の内面に合ったものだけを無意識に選ぶ
・何を選んでいるかは少し前の感情によって測れる
・未来を良くするには、自分が今、何に意識を当てているかに気をつける