人間、誰でもいやな気持ちになることはあります。相手から批判されたり、理不尽な目に遭ったり。「どうして私だけがこんな目に遭わないといけないの……」と泣いてしまうことだってあるかもしれません。失恋したときなどはとくにそうなってしまうはずです。


イライラしたり、悲しくなったりする感情は、そこに関わらず、気分を切り替えようという、宇宙(潜在意識)からの警告です。今回はこの「いやな気分になる」ことの意味と、イヤな気分にならないための対策についてお伝えします。


■いやな気持ちは宇宙からのメッセージ

宇宙2



失恋した。復縁したいけど音信不通。そんな状態になるほどに大好きなあの人のこと、今は連絡できないあの人のこと、つい考えてしまいますよね。


相手のことを考える。それそのものは別に悪いことではありません。ただ、考えると暗い気分になってしまったり、悲しくなってしまう場合には注意が必要です。


引き寄せの法則において感情というものはメッセンジャーの役割を負っています


感情は自分の本質であり、とても根深いものです。たとえば、悲しくてたまらないときにケーキをもらってもちっとも嬉しくないですよね。逆にすごく嬉しい気分のとき、雨が降っていてもあまり気にはならないでしょう。


このように感情は自分の人格より深い位置にあって自分の世界観そのものを築いています。あの人のことを考えるとき、どんな気分になっているのか。自分の感情に意識を向けてみましょう。


悲嘆に暮れるような気分だったり、いやな気持ちになるようであれば、それはいやな現象を呼び出します。つまり「考えを切り替えなさい」という宇宙(潜在意識)からのメッセージなのです。


■そもそも人は「いやな気持ちになりやすい」


寂しさ3


不安な気持ち、いやな気持ちというのは潜在意識が作り出しているものです。これには理由があります。


人間はか弱い生き物です。原始時代、人間はいろいろな獣や天災などと戦わねばなりませんでした。このような危険について「不安」「いやな気持ち」など、ネガティブな気持ちを持つことで危機を回避していたのです。


だから心理学的な観点からいえば、そもそも人は「いやな気持ちになりやすい」ようにできています。


では、なぜそういう気持ちになったら考えを切り替える必要があるのでしょうか。その理由は悪い事柄を招きやすいからです。


たとえば失恋してしまったり、恋人と別れてしまった後、自分ではどうしようもないのにいやな気持ちだけが残ってしまうことがあります。


泣きっ面に蜂といいますが、このような状態になると、また同じような思いをする出来事に遭遇しやすいのです。


脳は自分の感情や目的に沿った情報だけを読み取っていくようにできています。これをカラーバス効果といいますが、いやな気持ち・悲しい気持ちでいると、それに沿った情報や生き方を無意識に選び取り、同じような出来事やもっと悪い出来事を自分で知らずしらずのうちに招いてしまうのです。


では、感情を切り替えるにはどうしたら良いでしょうか。


■効果のある気持ちの切り替え方

イメージング



いやな気持ちが警告を発したとき、感情を切り替えるためにするべきこと。まずは「いやな気持ちを受け入れる」ことです。「あ、今の自分はいやな気持ちなんだ」と感情を受け入れることで心はすっと楽になります。そしてそのとき「そういう気分の自分でもいいじゃない」と自分自身をも受け入れてあげましょう。


自分で自分を認めてあげる。これはとても大事なことです。


世界の誰も自分のことを助けてくれないとき、自分自身が「こんな自分じゃいや」なんて言ったら、自分がかわいそうですよね。でも「いいじゃない。誰だっていやな気分になるし」と受け入れてあげると、心の奥底に潜んでいる本当の自分は喜びます。


これは心理学的にも自己肯定感を高め、良い方向へと視点を切り替えます。一言でいえば「運がちょっと良くなる」と思えばよいでしょう。


そしてもうひとつは「紙に書く」ことです。たとえばイライラしたときなどは「◯◯さんのせいで腹が立つ。ひっぱたいてやりたい」と書いてみましょう。


書くことで潜在意識は「あ、もう記録したし、覚えてなくていいんだ」となるため、びっくりするほどスッキリします。どうせ誰も見てないのですから思うことを存分に書いてみましょう。


最後は「身体を動かす」です。身体を動かすというのは、原始時代でいえば敵と遭遇したときの対処法です。人間は身体を動かすと、そちらに意識が向きます。逃げるか戦うか瞬時の判断をして、危険から逃れようとするのです。


だからいやな気持ちになったらスクワットや腕立てをする。その間、いやな気持ちはきれいさっぱり消え去ります。なお、これを3週間くらいやると、いやな気持ちになるたびに「また腕立てしないと」と潜在意識が気づいて、だんだんいやな気持ちが薄れてきます。


次は、普段からいやな気持ちにならないための対処法についてお伝えします。


■ネガティブなものに近寄らない


断る


引き寄せの法則は感謝や愛情といった宇宙(潜在意識)に満ち溢れる高く清らかな感情(エネルギー)をつなぎ合わせて現実化する法則です。


悲嘆に暮れるようなエネルギーを放射していたら、悲嘆に暮れる結果しか返ってきません。


また人間の感情は環境や情報に左右されます。テレビやインターネットなどでも、とてもネガティブで気分が悪くなるようなものもたくさんあります。これも良いエネルギーの放射を断絶させる材料にもなりかねません。


ニュースなども全体的にネガティブなものが多いです。いやな感情をかき消したり、引き寄せの法則で願いを叶えたいのであれば、ネガティブな情報は入れない方がいいです。


気分が悪いな、いやだなと思ったり感じたりしたら切り替える。たとえば、道を歩いている最中に雨が降ってきたという一見ネガティブな出来事が起こったとしましょう。


そのときには「喫茶店に入って休憩しなさいと天から言われた」といったように切り口を変えて捉えるように心がけてみましょう。


それに伴って「良い気分」や「感謝」が生まれてくれば、また再び引き寄せの法則が発動し、結果的には「雨が降らなかったら喫茶店に入らず、あの人に会うこともできなかった」というようなことになるでしょう。


■それでもいやな思い出がリフレインするときには?

神々



いやな思い出が何度も脳裏を過ぎるということは誰にでもあります。


あまりにもそれがひどいと「うつ」状態になってしまいますが、たまに思い返されて「いやだなあ」という気分に浸るときには、考え方を切り替えてみましょう。


これはユダヤ教の聖典「タルムード」にあるたとえ話です。


ある商人が旅をしていたところ、家畜を狼に食べられたり、お財布を落としたりなどして次々と不運に遭ったそうです。そしてほうほうの体で旅先の村にたどり着いたら、そこは強盗に襲われて死体がゴロゴロしていました。


そのとき、商人は気づいたのです。


「羊がいたら、メエメエ鳴いて強盗に襲われていた。お金があったら怖くて逃げ回ってやはり襲われていた。全部失ったからたまたま命が助かったんだ」と。


これはあらゆることにあてはまります。


たとえば失恋。


失恋は残念な出来事かもしれませんが、あなたが見えないところで「失恋しなかったら、さらにひどい目に遭っていた」ために、事前に宇宙(潜在意識)が失恋をさせたということも十分にありえるのです。


『いやな出来事はあなたを守ってくれた天からの助け』


そう思えば気分もよくなってきますよね。

実はこれ、とても大切なことです。一見すると遠回りかもしれませんが、物事を良く捉えてゆくと、引き寄せの法則として問題そのものが自然と解決するからです。

なるべく良い気分で感謝の気持ちをもって日々を送りましょう。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・いやな気持ちは「感情を切り替えなさい」という宇宙からのメッセージ
・いやな気持ちのループは誰でも起こりやすい
・そのようなときは①感情を認める、②紙に書く、③運動することで気持ちが切り替わる
・ネガティブな情報もなるべく仕入れない
・一見ネガティブな出来事が起きた場合には、切り口を変えて捉えること