■彼氏が欲しいのは自然な感情


寂しさ3


こんにちは、しろです。

新しい恋人探しの最中や復縁を考えているときにはどうしても「彼氏が欲しい」という気持ちが出てきてしまいます。

これ、自然な感情です。

寂しいのは人間の自然な本能です。

犬や狼ですら、ひとりになると遠吠えします。あれ、寂しいっていってるんです。

彼氏が欲しいという気持ち。

でも、これは彼氏がいないという不足感でもあります。

不足感は引き寄せの法則の邪魔をします。

「ある」に意識を向けるにはでも述べていますが、不足感を持っていると引き寄せの法則によって不足感そのものが現実化します。

逆に「いくらでも選べるし~」くらいの余裕をもっているとふんわりとお相手がやってくるものです。

「でも、そんなにわたし、モテる方じゃないし」とか「もう歳だし」とか「早く結婚したいし」という人もいるでしょう。

ではどうすればいいでしょうか。


■常に「ある」に意識を向ける

双眼鏡


引き寄せの法則で良い結果を招くには、

1 「ある」に焦点を当てる
2 自分軸に戻る

この2つが大切です。

「ないもの」に焦点を当てるのではなく、今あるもの、持っているものに意識を向けましょう。

これ、実はお金の話にも通じます。

誰でもいいんです。職場や学校の男友だちでも、SNSで話する人でもいいので異性とのつながりがあることを再確認しましょう。

なんでもいいんです。あるものに意識を向け、そこで満たされているものを確認する。

そして、あの人ではなく、自分を最優先にする。

これだけで日々を過ごしていれば、別に血まなこになって「おとこ~! おとこ~!」と探し回らなくても勝手に向こうから理想のお相手がやってきます

パートナーがいなければ男も女もお互いに相手を求めているんですよ。

必ず普通に出会えます。

充実した毎日を送るように心がけましょう。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。


■今回のポイント

・彼氏が欲しいのは自然な感情だが、不足感に駆られている。
・不足感は引き寄せの法則のじゃまをする
・男友だちやSNSでの交信など少しでも「ある」ものに意識を向ける
・パートナーが欲しいのは男女ともに同じ
・自然に彼氏はやってくる