■引き寄せの法則は結果を考えているうちは効果が出ない


不安な女性


こんにちは、しろです。

恋愛で引き寄せの法則を行った後、あの人の関係がどうなるか気になりますよね。それは普通の気持ちです。

でも、引き寄せの法則は結果を考えているうちは残念ながら効果を発揮しません。たとえばあの人との恋が実ったとしても、それはほぼ確実にあなたの想像とはかけ離れものです。とくに不安に苛まれてしまうと、不安が現実になってしまいます。つまり残念な結果になりやすいのです。

そもそも引き寄せの法則は強く意識したものを潜在意識に落とし込み、その自動誘導に任せることで願望実現を達成する方法です。
(詳しくは「5秒で体験!引き寄せの法則の心理学的な仕組み」で解説しています。)

手のひらをみれば手の甲が見えませんよね。同じように「願いが叶うかな」と意識していたら、それは無意識には落ちていないことになります。

また叶う場合も同様に「こうなるだろう」と意識化されている結果以外で叶うことが多いです。

潜在意識の力はすごいものです。一説によると潜在意識の情報処理能力は、顕在意識の約8万倍とも言われています。このため、引き寄せの法則が動き出すと水面下で複雑にさまざまな事象が絡み合い、自分にとってはまるで奇跡のような、思いもよらないかたちで成功を招き寄せます。


■不安なときには自分軸に戻る

笑顔3


「それはわかった! でも、そうは言っても気になるものは気になるの!」

きっとそう思うでしょう。わかります。それは不安だから。

恋心の裏返しって不安なんです。

それはそうですよね。「大好きなあの人に嫌われたらどうしよう」、「告白して断れたらどうしよう」、「他に好きな人がいたらどうしよう」。

だから引き寄せの法則を使った。でもそれだと不安が実るという悪循環になってしまう。この問題をどうにかしなければなりません。

こういうとき、一つのポイントがあります。

それは「自分軸に戻ること」です。

「自分軸」ってなんだろう? と思ったら、今スマホ(マウス)を握っている自分の手を見つめてみてください。一生懸命1ミリ単位で意識して動かしていますか?

どちらかといえば身体が自由に動いているのではないでしょうか。

これが無意識の力であり、身体であり、自分なんです。

呼吸も意識していなければ、歩くときもいちいち意識していません。感情も思考も勝手に湧き上がってきます。

『この人』(自分)に意識を向ける。大好きなあの人ではなく「この人(自分)」をどうするかを常に思い、考え、成長させられるように試みましょう。

引き寄せの法則は他人を変えることはできません。自分が変わるものです。どれほど愛しくても、あの人は変えられないし、変わらないのです。

もし相手が変わったとしたら、それはあなたが変わった結果です。

常に自分がどうであるかを軸に考えましょう

あなたにとって世界で一番大切な人はあの人ではありません。

あなた自身です。

だからまず、あなたはあなた自身を大切にしましょう。目の前にある、自分の気分が良くなることを選び続けるのです。(もちろん、わがまましてはいけません。自分も周囲も大切に)

そうすれば、いずれあなたの恋は叶います。

宇宙の力で思いもよらない結果として。

良い方と巡り合い、みんなが幸せな恋を楽しめますように。

(なお失恋・復縁中の方などは、あなたにとって世界で一番大切なあなた自身の価値を貶めやすいです。そういうときには「失恋、サイレント期間中は「自分コンシェルジュ」になる」を参考にしてください。)



■今回のポイント

・引き寄せの法則は結果を考えているうちは叶いにくい
・願望が達成されるときは予想とは違うかたちで叶うことが多い
・不安なときには自分軸に戻る
・まずは自分を大切にすること